TVで誤ったオリーブオイル情報が…

3/13(日)夜のTBSの番組で、食用油の特集をしていました。最近は、健康を考えて油にこだわる方も増えてきて、それぞれ得意が効果も広く知られるようになり選択肢も増えてきていますよね。

 

昨日の番組は、健康効果のある植物油を紹介する番組でしたが・・・

慶応義塾大学の先生が、油の専門家として話をしていましたが、オリーブオイルについて、とんでもない間違いを話していました。

 

間違いポイント❶ <品質の差は、濾過しているかしていないか>

オリーブオイルのグレードである、エキストラバージン・バージン・普通のオイルの違いは、いいオイルは、濾過をしていると教えていました。濾過・無濾過は、フィルターをかける、かけないの違いで、フィルターをかけるというのは、搾ったまま(水分、油分、かすなどは分けたもの)のオイルには、それでもまだまだわずかに不要なものが含まれているので、濾過をして、オイルの安定性を良くします。なので、濾過をするかしないかは、品質とは関係ないことなんです。

 

間違いポイント❷ <どんなグレードでも、栄養価は関係ない>

その先生によると、濾過しているかどうかがオリーブオイルのタイプの差なので、どれでも栄養価等の健康効果は変わらないと断言していましたが、これは大きな間違いです。エキストラバージンオリーブオイルは、抗酸化成分やオレイン酸などの健康成分がしっかり入っています。

 

テレビの情報って、やっぱり信用できないなと思うばかり。

私のHPでは、ちゃんと情報を発信しています。少しでも、いいオリーブオイルを選ぶ時の知識として活用して頂ければと思います。