BIOとかオーガニックとか

今日、FOODEX JAPAN2014という、国内外の食品に関する生産者さんが出店する見本市に行ってきました。スペイン、ギリシャ、トルコ、イタリア、オーストリアのオリーブオイルが試飲できました。

 

面白かったのは、同じ品種で、BIOグレード(有機栽培)・普通の土壌で栽培・収穫が少し遅め、という3種類のオリーブオイルが出ていました。試飲してみて思うこと。やっぱり、有機栽培・オーガニックのグレードのものは味が違う! 味に、透明感というか澄んでいるというか、良質であることが分かります。エキストラバージンオリーブオイルを選ぶのはもちろんですが、できれば、オーガニックやBIOマークがついたオリーブオイルを選ぶというのも、ただ、マークがついているからいいだろう、というのではなく、「おいしい」オリーブオイルを選ぶ基準として有りですね。