聖火リレーとオリーブの枝

スペイン最古と言われるオリーブの木
スペイン最古と言われるオリーブの木

今朝、来年のソチオリンピックの聖火がアテネを出発したというニュースが流れてました。

 

聖火が第一走者のトーチに点火され、さあ走り出す時、左手に渡されたものを見逃しませんでした。オリーブの木の枝でした。

 

 

オリーブオイルは、ずーっとずーっと昔、薬として使われたり、日焼け止めとして戦士たちのからだに塗られていたり、ランプの油として使われたりとお金の象徴でもあったため、取引の対象となり奪い合いが起き、オリーブオイルが戦争の原因になった時代があったようです。

 

だからこそ、オリーブは平和の象徴となってもいるのです。

 

今朝のニュースを見ながら、オリーブとオリーブオイルが人類の歴史や心に根差していることを改めて思いました。